FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

今日は、菜種梅雨本番と言ったお天気で画像がありません~ヾ(^-^;) ゴメンゴメン

今年は、初代ペコが虹の橋を渡ってから10年になります。
もう、そんなにたってしまったんですね~~
つい昨日のような感じがしています。

初代ペコは、私がこのようにケアーンテリアにはまってしまうきっかけとなったワンです。
名犬と言われた「獅子丸」の子でありながら、
3回もオーナーが変わり、フィラリアに体を蝕まれ、逝ってしまいました。
享年7歳でした。。。

最初の出会いは・・・
私が玄関で新聞などを取り込んでいると、
前のおうちから、何か黒いものが飛び出して行き、
その後をおばあちゃまが、「ペコ~ペコ~」と叫びながら飛び出してきました。
急いでその方向を見ると、一頭の小型犬が一目散に走っていくではありませんか!!!
これは大変と「ペコちゃん~~何処へ行くの~~こっちに御出で~~」
と叫ぶと、ペコはくるりときびすを返し、私の目の前にちょこんと座ったのです。
(⌒▽⌒;) オッドロキーました~~
なんてお利巧な子なんでしょう!!!
これが、ケアーンテリアというワンを見た最初だったのです。

その後もおばあちゃまとは親しくお付き合いをさせて頂いていたので、
ペコとは毎日のように顔を合わせていました。
明るく元気、機敏な動き、そんな魅力にだんだんはまっていったのですが、
月日がたつうちにおばあちゃまの家庭に変化が起き、
ワンを飼育できる状態ではなくなり、
我が家に引き取りました。

引き取ってから、2ヶ月あまりで虹の橋を渡ってしまったのです。
まるで、死に場所を探していたかのように・・・

悲しかったですね~~~
後に血統書を見て、腹が立ってきました。
なぜ~~なぜ~~
こんなに素晴らしい血統の子が、こんな生涯を送らなくてはいけないのでしょう???

その理由を見つけたくて、
ショーチャレンジ、ブリーディングに走っていったように想います。

二代目ペコの享年も、同じ7歳!
きっと、初代ペコに呼ばれたんだな~~って想います。
虹の向こうでも寂しかったのかもしれませんね。。。

最近、二人のペコの事をよく想い出しています。。。
どちらも、ボニータのようなブリンドルでした。
そして、どちらもポッチャリ系で、頑固、自己主張が強く、
表情豊かな子達でした。。。
二人の笑顔が忘れられません。。。

お天気のせいか、ちょっと湿っぽくなってしまいましたm(__)m


ご訪問、ありがとうございました(*^▽^*)
ランキングに参加しています。
良かったらポチっとしてね(^_-)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらもよろしく(^_-)-☆



スポンサーサイト





この記事へコメントする















ペコママ

Author:ペコママ
Blue Appleへようこそ!

Blue Appleファミリーの紹介
茶々丸     12歳
力丸      10歳
スウィーティ  7歳
サブ      4歳
ティアラ    4歳
ベル      2歳 
エルフ     2歳
グレイ     2歳
アヤメ     0歳

動物取扱登録証
第220114004号 
令和6年6月29日まで有効

名前:
メール:
件名:
本文: