*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

思うように出来ないので、
写真を見ては、2回3回と追加トリミングをしています(^^;

今日は、コニーと茶々丸です(^^♪
201301234894.jpg
すましてますね~~(´▽`)
      201301234898.jpg
もう少しですね(^_-)-☆

茶々は~~
201301234881.jpg
苦笑い(^_^)
      201301234885.jpg
まだまだですね(^_-)

そして、2回目の力丸!
      201301234888.jpg
まだ少しマフラーが残ってます。
201301234892.jpg
もう終わりにしようよ~~
と、言っております(o^―^o)ニコ

さて、最近読み始めた本「DOGS 犬の大百科」
とても興味深く読んでいるのですが、
ケアーンの特徴の記載がありましたので、
ちょっとご紹介・・・

☆硬く長い上毛(5cm)と豊富な柔らかい下毛を持つ。
鋭く尖った耳。
小さく利発そうな暗褐色の目、加えて鋏状か切端咬合の大きな歯を持つ。

体高より体調がやや長く、トップラインは水平で、
断尾していない尾を高々と、しかし背負わずに保持する。

前肢は真っ直ぐだが前足は若干外向きでも差し支えない。
後躯は膝部がよく屈曲して推進力が豊かである。


こんなことを頭に入れていると、
トリミングの際、形を作るのに参考になると思います。

☆それから、健康上の注意としては・・・

ケアーンはいたって丈夫で勇ましい小型テリアで、
飼育は、常識を以て臨めば易しい。

遺伝的障害としては膝蓋骨転位が知られているが、
信用のある犬舎から購入することが最善の予防策である。
後躯に関してはレッグ=ペルテス病というもうひとつの問題があり、
麻痺の原因となるが、X線検査で発見出来る。
「ライオン顎」もケアーンや他のテリアの問題となることがある。
下顎の形成不全で子犬が生後3~4ヶ月に達する頃に発病する。
兆候は、口の開閉が困難となり、ものが食べにくそうにすることである。

とありましたが、あまり聞きなれない病名で、
諸先輩ブリーダーが健全な繁殖をしてこられたかが解ると思います。

ではでは、お勉強はこのくらいで~~(^-^ゞ


ご訪問して頂きありがとうございました_(._.)_
にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村



スポンサーサイト


【Re: ご無沙汰してます】
コメントをありがとうございました。

古い本なので、中古しかないんですよ!
この手の本は、洋書が多く、私には貴重な本です(^_-)-☆
きっと得るものが多い本だと思いますよ!

ちょっと買いかぶりすぎですよ~~(^^;
ただ好奇心の強い、犬好きおばさんなんです(^^)

伺うつもりでおりますので、ご一緒できると思います。
楽しみにしていますo(^-^)o
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【Re: タイトルなし】
ケアーンに限らず、テリアが爆発的な人気が出ないのは、
「狩猟テリア」で、非常に活発で詮索好きで、
出猟態勢万全の犬であるということではないでしょうか?
でも、この本には「素敵な家庭犬」として紹介されていますよ(o^―^o)ニコ
そして、理想的なひとりっこ犬の素質があるとも記されています。
ケネルによると、アメリカでは人気が出てきている犬種だそうです。

確かに、先輩ブリーダーの努力の賜物だと思いますよ!
遺伝的疾患は遺伝率が高いですものね。。。

甘えん坊、力丸らしいでしょ(^_-)-☆
【】
ケアンが日本で比較的健全性が保たれてきたのは先輩方の努力の賜物なのですね。変に流行に乗った犬種になるとパピーミルによってあっという間に遺伝的欠陥を持った子犬が巷にあふれて、不幸な飼い主や犬が出てきますよね。自分も以前は業界にいましたので、よくお店にも来られる仔を見てあぁ この仔はなんてこともありました。
もっとケアンの良さを多くのひとに知ってもらいたいと思う反面
考えなければならないことも多いですね。
力くんの首かしげポーズがたまらなくかわいいです。
この記事へコメントする















ペコママ

Author:ペコママ
Blue Appleへようこそ!

Blue Appleファミリーの紹介
ペコ  2008.12.14星になる 
ボニータ 2014.05.17星になる 
ベガ   11歳  ペコの娘
コニー  9歳  ベガの娘
茶々丸  7歳 ボニータの息子 
力丸   6歳  コニーの息子
スウィーティ  3歳 
一茶   1歳 スウィーティと
         力丸の息子
 華   1歳
ケイティ 1歳


動物取扱登録証
第220114004号 
平成31年6月29日まで有効

名前:
メール:
件名:
本文: