*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ずっと、ずっと考えてきました。
今度の災害を受け、
今、我々がわが子にしなくてはいけないことはことは何だろうかと・・・
何度も考えては記事にし、削除してきたのですが、
やはり、多くの方々にも考えていただきたくて、
私なりに解釈してきたことを、記しておきます。

まず、クレートトレーニング!
クレート(我が家の場合はバリケンネルですが・・・)の中が、
安全であり安心して過ごせる場所だと教えること!
夜寝るとき、人間が無人であるとき、クレートに入れる。

たとえば、地震が起きた場合、
クレートに入っていれば、家が倒壊しない限り、
頭上からの落下物から逃れることができ、
パニックを起こし、家の中を走り回って、
ガラスなどの危険物で怪我をすることを防ぐことができます。
地震が収まれば、クレートのまま避難すれば、
そのまま犬小屋となり、
避難所などの生活が始まっても、
犬のストレスを最小限にすることができるのではないでしょうか。。。
また、他人へ配慮もできると思います。

これは、室内犬ばかりではなく、外飼いの犬にもいえることだと思います。
大型犬は、クレートを持って非難することは無理でも、
避難施設に預けなければいけない事態に遭遇した場合でも、
そういった施設では、クレートを使っていることが多く、
いきなり閉じ込められるという恐怖を味逢わなくてすむのではと思います。
多くの知らないワンたちの中で、
自分の安全を確保できる場所ともいえます。

普段の生活でも、移動の際、電車、車を使用する場合、
クレートに入れておけば、騒ぐこともなく、
排泄も我慢してくれます。(寝床を汚すことは、体調が悪くない限り好まないようです)

ちなみに、我が家のルー君ですが、
オーナー様にお渡しする際、
子犬用のクレートにいれ、そのままお渡ししたのですが、
電車の中でも、車の中でも静かに過ごすことができたようでした。
ケネルでのクレートトレーニングに加え、
我が家に来てからも、お渡しするクレートで休ませておりましたので、
安心して過ごせたようでした。

是非、しつけておきたい事だと思います。
クレートには、お水(クレートに装備できる給水器が市販されています)、
リードなども装備しておけば、
なお完璧ですね(^_-)

それでは、今日のワンたちです(^_-)-☆
昨日は、汗ばむくらいの陽気でしたが、今日は一変!!!
今にも雨が落ちてきそうな雰囲気でどんよりしています。
しかし~~~今日も元気ワン!!!
2011040330.jpg

2011040305.jpg

2011040318.jpg

2011040332.jpg

2011040338.jpg
お花も元気でした♪
2011040346.jpg

明日は、マイクロチップについて記してみたいと思っています。
もう少し、調べてみますね。。。


ご訪問して頂きありがとうございました_(._.)_
にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


この記事へコメントする















ペコママ

Author:ペコママ
Blue Appleへようこそ!

Blue Appleファミリーの紹介
ペコ  2008.12.14星になる 
ボニータ 2014.05.17星になる 
ベガ   11歳  ペコの娘
コニー  9歳  ベガの娘
茶々丸  7歳 ボニータの息子 
力丸   6歳  コニーの息子
スウィーティ  3歳 
一茶   1歳 スウィーティと
         力丸の息子
 華   1歳
ケイティ 1歳


動物取扱登録証
第220114004号 
平成31年6月29日まで有効

名前:
メール:
件名:
本文: