*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

色々なことに失望し、やる気がなくなっておりました。

そんな中、ラヌセルの快挙には明るい希望を頂いております。
お写真もいただきましたよ(*^^)v
s-2017072203.jpg

s-2017072204.jpg
2001年よりショーを初め、
2002年よりブリーディングをしているのですが、
今までの集大成ともいえると思っています。
本当に嬉しいです(*^─^*)ニコッ

同胎のどんたっくベビーたちも7か月に入り、
女の子たちは初ヒートが来ている子もいます。
身体は成犬と変わらなくなりました。
各オーナー様方が、大事に育てていただいている結果です。
ありがとうございます<(_ _)>

我が家のやんちゃ娘ベルも、
我が家の群れにすっかり溶け込み、
毎日元気に過ごしています。
s-IMG_5244.jpg

       IMG_5242_convert_20170801231517.jpg
ママに甘えていると、まだネンネですね(^_-)-☆

動きが落ち着きがないので、
毎日のように老犬茶々丸にはお叱りを受けているんですよ!
それでもそんなことにめげることもなく、
今日も茶々丸に「遊ぼうよ~~」コールを送っていました(^-^)

さて、もう8月になってしまいました。
私の誕生月ですので、
気持ちを切り替えて、またワンズと共に成長していこうと思っております。

おサボリにもかかわらず、応援のポチを頂きありがとうございました。


ご訪問頂きありがとうございました_(._.)_
皆様のクリックが、明日への力となります。

   にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

我が家では、ワンズをお渡しする時、
1歳までは、好きなだけ食べさせてください!と言ってお渡ししております。
が、中には太らせたくないからとフードの量を減らされる方がおいでのようです。

好きなだけ食べさせるには理由があります。
4か月に入るころより歯が抜け変わったり、
コート(毛)も産毛が抜け大人のコートに育っていきます。
そして、何より動きが大人に比べると激しく動き回ります。
それには、十分な栄養とエネルギーが無ければ、
丈夫な歯もコートも体力も育ちません。

その子なりの体重と体格は、
1歳を過ぎないと判りませんので、
是非、十分な量の食事をお願いしたいと思っております。

子犬は、お腹がいっぱいになると、それ以上は食べませんので、
太り過ぎの心配は、1歳を過ぎてから見守っていただけたらと思います。

人間の子が育児書通りには育たないと同じく、
ワンズ達もそれぞれの個性がありますので、
それを見極めることもオーナー様の大事な仕事だと思いますので、
まずは、パピー育てを楽しんでいただけたらと思います。

乳母のいらぬおせっかいですが、
チョット心配になりましたので・・・

さて、おさぼりしている間に、
綺麗に咲いていたつつじも終わってしまいました。
わずかに残っているころにモデルになってもらった画像です。
IMG_5092_convert_20170511011553.jpg

IMG_5093_convert_20170511011618.jpg
前がティアラ!後ろがサブです(*^─^*)ニコ


ご訪問頂きありがとうございました_(._.)_
皆様のクリックが、明日への力となります。

  にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村





ウェストミンスタードッグショーで、素晴らしいお話を伺うことができました。

それは、81歳のオーナーブリダーハンドラーさんが、
11回目のウェストミンスターで、
ノルウェジアンエルクハウンドという犬でグループファーストを取ったそうなんですよ!
素晴らしいですね~~( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ
81歳ですよ!
しかもこの方は、他に職業を持ちながらブリーダーを続け、
拘りをもってウェストミンスターに挑戦し続けていたんですね!

私も60代も半ばを過ぎましたので、
ブリーダーを引退しようかなと考えていたところだったので、
ショックを受けました。
私は売るための繁殖はしておりませんので、
巣立って行った子たちの行く末は見守らせていただきたいと思っています。
が、今送り出す子たちは、
犬生を全うするころには、私は80代になっています。
それまで生きていることができるかな?って思っていたんです。
ところが、今の日本で拘りを持って繁殖しておられる方が非常に少ない!
このままいくと、ケアーンテリアの犬質は落ちていくばかりです。
それでは悲しい(T_T)
と思い、ここのところ悩んでいたのですが、
この快挙を伺って、少し勇気をもらいました。
もう少し、続けてみますか(^_-)-☆
でも、オーナー様方には、その事も伝えていかなければなりませんね!

と、もう一つ!
そろそろ、
クレートトレーニングを始めようとクレートをネットサーフィンで探していたのですが、
あるサイトでケアーンテリアの販売しているのを見つけました。
お値段にビックリ(゚д゚)!
12月3日生まれのウィートンの男の子で、
398000円(税別)でした。随分とお高いですね(>_<)
2月7日の体重が1.07kでしたから、やや小さめの子かな?
ビデオ紹介もあったので、見てみると・・・
とても悲しい目をしていて、可哀想でした(T_T)
しかも、ウィートンではないような???

我が家の子たちとは20日しか違わないのに、
親兄弟と遊ぶことも学ぶこともできず、
ガラスの箱の中では~~悲しすぎます。
どんな犬生を送っていくことでしょうか?
せめて、優しいオーナー様に出合えるよう願うばかりです。

本当に、世の中は色々ですね~~(゚д゚)!


ご訪問頂きありがとうございました_(._.)_
皆様のクリックが、明日への力となります。

   にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村





早いもので、ブリーディングに興味を持ち、
産ませても良い犬かを見極めるためにドッグショーを始め、
ブリーディングを始めて15年が過ぎました(*_*;
色々考えて交配しても、
産ませてみないと結果が分からないという難解な世界ですが、
30頭近くの子供達が、北は北海道から南は九州の各地でオーナー様方に恵まれ、
どの子も幸せに暮らしているのが、
本当に嬉しく思っています。
中には、思いもしなかった病気や事故で星になってしまった子たちもおりますが、
どのオーナ様も、大事に大事に育てていただいて、
感謝しています。

ます最初に迎えたのが、2代目ペコ!
p20020706_20161115233529219.jpg
2001年のことでした。
ペコのラインを作り、
力丸がとても犬質が優れた子に仕上がりましたので、
お嫁さんにと、オーストラリアよりスウィーティーを迎えました。
     201212232973_20161115233528d83.jpg
2012年のことです。
今では、真っ黒クロスケになっていますが・・・(^^;
     20160420.jpg
そして、昨年は華がショーチャレンジ!
s-20150125.jpg
良い成績を残してくれましたが、繁殖には向かないと判断しました。

今年はケイティがショーチャレンジを始めました。
20161107.jpg
ペコから数えると、5代目になります。

こうして、ブリーディングとは代々つながれていくわけですので、
何の知識も持たないでブリーディングすることは、
非常に危険なことです。

さて、ブリーディングについて少し~~
ブリーディングには、インブリード、ラインブリード、アウトブリードの3種の方法があります。

インブリードは、極近親繁殖で親子同士や兄弟姉妹同士で交配することです。
良いところが強調され優れた犬が産まれると言われていますが、
リスクや危険性も高く、
感覚障害や奇形で産まれる可能性も高くなります。

ラインブリードは、系統繁殖と言われ、
叔父と姪、叔母と甥、祖父と孫娘で交配することです。
インブリードに比べリスクが少なく、
優秀な遺伝子を受け継がせるための手段として行われていますが、
ラインブリードばかりで交配を行うと、
体格の小型化や隠れていた負の遺伝子が現れることもあります。

アウトブリードは異系繁殖と言われ、
5世代までさかのぼり、先祖でない犬同士を交配させることです。
病気に強く健康ですが、
どのようなタイプの子供が産まれてくるかわからないことや、
サイズが不揃いになりやすいように思います。

我が家は、アウトブリードを多く取り入れてブリードをしてきました。
結果は、ブログをご覧くださいネ(^_-)-☆


ご訪問頂きありがとうございました_(._.)_
皆様のクリックが、明日への力となります。

  にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村





ケアーンテリアの難しい点です!!!

世界の傾向は、大きめサイズで固定してきているようです。
今年のアメリカで行われたモントゴメリのドッグショーでも、
ヨーロッパ勢が上位を占めたようですが、
サイズは大きめだそうです。
今や中型犬に分類され、
アメリカでもヨーロッパの犬をどんどん入れているようで、
大きめサイズになっているようです。

でも~~
アメリカでは、従来のサイズのケアーンを愛し、
今までのサイズでブリーディングされているブリーダーもおられるようですよ!
なんか嬉しくなってしまいます(^○^)

そうなんです!
自分がどのサイズが好きかが重要だと思うんですよ(^_-)-☆
ただサイズは違っても、中身はケアーンテリアそのもですからね(*^^)v
今後、世界に打って出ようとしている方は、
大きめサイズに移行していかなくてはいけませんネ!

やはり、私は従来のサイズのケアーンが好きだなぁ~~(^^♪
Sweetieの最初の子を、一番大きい一茶と一番小さいケイティを残し、
観察してきた結果です(*^─^*)ニコッ
わが家でいうと、世界の傾向に近い子はSweetieで体重でいうと10k前後!
ヨーロッパタイプではあるのですが、
従来のサイズのケイティで、体重は7~8k前後。
ただ、体重だけで比較すると、
骨量のある子は、
見た目は小さめでも体重はずっしりのティアラタイプの子もおりますので、
要注意ですが・・・(^^;

Sweetieとケイティの差を比較して頂けたらと・・・
IMG_4266_convert_20161108202234.jpg
Sweetieがボッサでm(__)m
IMG_4271_convert_20161108202256.jpg

IMG_4277_convert_20161108202318.jpg
この2頭の体重差は3kほどあります。

皆さんは、どのサイズがお好きなんでしょう?
サイズより性格が可愛いから、
サイズなんてどうでもよいかな???
サイズにこだわるのはブリーダーだけかな???



ご訪問頂きありがとうございました_(._.)_
皆様のクリックが、明日への力となります。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





ペコママ

Author:ペコママ
Blue Appleへようこそ!

Blue Appleファミリーの紹介
ペコ  2008.12.14星になる 
ボニータ 2014.05.17星になる 
ベガ   11歳  ペコの娘
コニー  9歳  ベガの娘
茶々丸  7歳 ボニータの息子 
力丸   6歳  コニーの息子
スウィーティ  3歳 
一茶   1歳 スウィーティと
         力丸の息子
 華   1歳
ケイティ 1歳


動物取扱登録証
第220114004号 
平成31年6月29日まで有効

名前:
メール:
件名:
本文: